プラセンタの疲労回復効果

人を含め、哺乳類の胎盤から摂取したものをプラセンタといいますが、人間以外の哺乳類は出産後自分の胎盤を食べるという習慣があります。
この行動には胎盤を食べることで産後の体力を回復させる意味があるとされるほど豊富に栄養が含まれています

 

プラセンタは赤ちゃんが母親の中で成長するのに欠かせない必要な栄養素が豊富に含まれています。
アミノ酸やたんぱく質、マグネシウム、カルシウム、ビタミン類(特にCやB群)などが豊富に含まれていて、非常に疲労回復効果の高い栄養素が豊富に含まれています。

 

また、最近の研究で疲労には活性酸素が絡んでいることが分かってきています。
人間には体内に自然に活性酸素を除去する機能がありますが、体力や頭を使うことによって大量の酸素を使用すると、活性酸素も過剰に生成されることになり、自分の中で除去する働きが追い付かず、活性酸素が蓄積してしまいます。
プラセンタはこの活性酸素を除去する働きがあり、細胞の老化を防ぎ、アンチエイジング効果を期待できる一方で、疲労回復効果も期待できるのです。

 

疲労回復のためにプラセンタを体内に取り入れる場合、病院でプラセンタを使用して治療を行う方法と、市販のプラセンタサプリメントやドリンクなどで摂取する方法があります。
病院で治療に使われるプラセンタには、ヒトプラセンタから生成されたメルスモンやラエンネックなどの注射を行うか、プラセンタの内服薬を服用する方法があります。
ヒトプラセンタは市販のプラセンタに比べ高額ではありますが、品質が高く安全性もあるのでより効果を求めるのであれば市販のサプリメントを使用するより効果があります。
その中でもより即効性を求めるのであれば、愛服薬より駐車のほうが効果的で、1週間に2回の注射を数回続けることで疲労感は軽減していきます。
疲労改善のための治療にプラセンタは保険の適応外の治療となるため、自費診療となります。

 

じっくり疲労回復や体質改善に取り組みたい場合にはサプリメントなどを活用するとよいです。
医療機関で使われるプラセンタのような即効性はみられませんが、長期間服用することで疲労回復効果のほか様々な効果を得ることができます。

関連ページ

プラセンタのアレルギーへの効果
プラセンタのアレルギーへの効果
プラセンタの更年期障害への効果
プラセンタの更年期障害への効果って?