プラセンタの更年期障害への効果

プラセンタの更年期障害への効果

 

美容効果で注目を浴びているプラセンタですが、実は更年期障害の治療分野でも効果を発揮します。
実際、更年期障害の治療にプラセンタを使用している医療機関もあり、保険も適応されています。

 

45歳ころから55歳ころの閉経前後の女性に多く見られる更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少することでホルモンのバランスを崩してしまい、ホルモンのバランスの乱れが視床下部を刺激することによって自律神経のバランスも乱してしまうことで発症します。
生理が不順になったり、のぼせやほてり、手足の冷え、集中力の欠如やいらいら、不眠、頭痛やめまいなどの症状のほか、膣や暴行の機能が低下し、頻尿や膀胱炎などにかかりやすくなったり、肩こりや腰痛、関節の痛み、肌の老化などの減少がみられることがあります。
症状のあらわれ方は人それぞれで、症状が重く、人と接するのも嫌になるほどの人もいれば、更年期に全く気が付かないうちに終わってしまう人もいます。

 

更年期障害の治療にはホルモン充填療法や自律神経を調整する薬、漢方薬などの服用のほかプラセンタ製剤のメルスモンを皮下注射する方法などがあり、症状の程度や度合いによって治療法が決められます。

 

メルスモンは感染のない健康な人の胎盤から摂取したヒトプラセンタを使用しています。
ヒトプラセンタは国立病院などの大きな病院で、病気や感染などがなく、健康に出産した母体の胎盤から抽出されたエキスを使用しているため、豚や馬、羊などほかの哺乳類のプラセンタよりも副作用が少なく、安全に使用できるものとされています。
生成過程でホルモンやたんぱく質は除去されるため副作用やアレルギーは非常に少ないといわれていますが、たんぱくアミノが含まれていることから、アレルギー体質の人に使用する場合には慎重に行う必要があります。
皮下注射で体内に取り込むことによって、メルスモンは衰えていた卵巣の働きをサポートし、ホルモンのバランスを整えます。
さらにプラセンタの本来の働きである血行促進効果や疲労回復造血作用などの働きでつらい更年期障害を回復させていくのです。

関連ページ

プラセンタのアレルギーへの効果
プラセンタのアレルギーへの効果
プラセンタの疲労回復効果
プラセンタの疲労回復効果について