プラセンタのアレルギーへの効果

アトピー性皮膚炎にアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなど、アレルギー体質で悩んでいる人は実に多いです。
アレルギーは本来備わっている免疫力が過敏に反応し、本来体に害を与えない物質をも有害だと判断してしまい、過剰に攻撃して体に症状を起こしてしまう現象をいいます。
このアレルギー疾患の治療にもプラセンタは効果的なのです。

 

プラセンタには非常に多くの成長因子が含まれています。とくに羊プラセンタには豚プラセンタに比べてより多くの成長因子を含みます。

 

その成長因子が細胞の再生化を促進させて、アレルゲンとなる物質を異物とみなし、攻撃をする異常なリンパ球を排除することにより、アレルギー体質を改善させる働きがあるのです。
特に3代アレルギーともいわれている、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくなどには目覚ましい効果を発揮します。
また、アレルギー疾患ではないものの、異常なリンパ球の働きで起こる、慢性関節リウマチや潰瘍性大腸炎なども症状の緩和が見られています。

 

また、プラセンタには胎児を異物と間違えて攻撃しないように、妊娠初期因子やビタミンD、グルコサミン、コンドロイチン硫酸などの免疫抑制物質が大量に含まれています。
また、プラセンタには抗炎症作用によって今起きている炎症を鎮める効果もあります。
アレルギーの対処療法としてステロイド剤が使用されることがありますが、ステロイド剤の持つ免疫抑制機能や抗炎症効果と同じ効果を示すことにより、副作用が心配なステロイド剤よりも安全に使えるというメリットもあります。

 

プラセンタはそのほかにも多岐にわたって様々な効果を示すので、それらの相乗効果の働きでより早くより安全にアレルギー体質を改善させることができます。

 

プラセンタはヒトプラセンタ以外のものであれば、サプリメントやドリンク、化粧品などに配合されることによって、体内から摂取するとともに皮膚からも吸収させることができます
アトピー性皮膚炎など皮膚症状を示している場合には、経口摂取と並行して肌から吸収させることでより効果を高めることができます。

関連ページ

プラセンタの疲労回復効果
プラセンタの疲労回復効果について
プラセンタの更年期障害への効果
プラセンタの更年期障害への効果って?