プラセンタの基礎知識

プラセンタとは胎盤のことを言います。

 

哺乳類が赤ちゃんを体内で育てる際、お母さんから栄養をもらうためにある管をへその緒といいますが、そのへその緒とお母さんの体をつないでいる働きをしているのが胎盤です。
ちなみにへその緒のことをサイタイとも言います。
サイタイはプラセンタとともに最近とても注目されている原料となります。

 

哺乳類はお母さんのおなかの中で急速に発達し、生まれてきますが、その急速な成長を助けているのが胎盤の役割であり、非常に豊富な栄養素をふんだんに含んでいることから、プラセンタから抽出されたエキスは美容や健康、アンチエイジングなど様々な方面で使用されています。

 

一口にプラセンタといっても、種類はたくさんあります。
まずは人間の胎盤から抽出されたプラセンタエキスで、製剤として用いるには最も副作用の少ないプラセンタとして、国立病院などの大きな病院で母子ともに健康に生まれた赤ちゃんのプラセンタのみを厳重に保管し、認められた製薬会社だけが薬などとして製造を許可され、使用や処方も医療機関限定と非常に貴重な扱いをしています。
一般に市販されているサプリメントとしては豚プラセンタや馬プラセンタ、羊プラセンタなどがあります。
狂牛病が問題視されるまでは牛プラセンタも使用されていましたが、牛のプラセンタが使用禁止となっている今、化粧品や健康食品として一番混入されているのは豚プラセンタです。
豚は1頭の親から10頭ほどの赤ちゃんを産むため、プラセンタを安定供給できるというメリットがあります。
馬プラセンタは豚プラセンタに比べ栄養価が非常に高く、豚プラセンタの300倍ものアミノ酸を含んでいます。
非常に効果は高いですが、1頭の親から1頭の赤ちゃんしか生まれないため、希少価値が高く価格が高いのが難点です。

 

そのほか羊プラセンタや植物プラセンタもありますが、効果や効き目、価格の面を考慮すると一般的にサプリメントや美容成分などとして使用されているのは豚プラセンタが多いです。
羊プラセンタはプラセンタの構造がヒトプラセンタに似ているため、体内で吸収されやすく非常に効果がありますが、日本ではまだ希少価値なのが残念なところです。

プラセンタの効果

プラセンタは赤ちゃんがおなかの中で成長するうえで必要な栄養素を豊富に含んでいます。
そのためプラセンタエキスを様々な形で体内に吸収することで、美容効果のみならず、思いがけないような様々な効果を得ることができます。

 

まずプラセンタといえば真っ先に思い浮かべるのは美容です。
プラセンタは血流を促進させる効果があり肌の奥にできてしまったシミやくすみを表面へ押し出して排出させる働きを行います
また、コラーゲンの生成を助ける働きがあるため、プルプルな透明感のある肌に整えてくれます。

 

プラセンタの効果は美容だけではありません。
今話題のアンチエイジングにも効果があります。
プラセンタには細胞を老化させる働きをする活性酸素を除去する働きがあります。
また、血行を促進させ、血流を改善させることによって肩こりや腰痛などを緩和させる働きもあります。

 

プラセンタにはホルモンバランスを整える働きもあります。
実際に更年期治療の薬としてプラセンタを用いる場合も多く、保険も適応されます。
自律神経のバランスも整えてくれることから精神も安定させることができ、快適な更年期を過ごす手伝いをします。
美容のためにとプラセンタのサプリを服用していたら、悩んでいた生理痛が嘘のように軽減したという人もいます。

 

日本にはアレルギーで悩んでいる人がかなりいますが、プラセンタはアレルギーにも効果があります。
プラセンタの成長因子が細胞を再生する過程で異常なリンパ球を排除し、アレルギー体質を改善させるのです。
特に3代アレルギーとも呼ばれるアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息には非常に効果を発揮します。

 

プラセンタには肝機能を改善させる働きがあり、実際に医療の現場では肝臓の疾患の治療薬としても用いられています。
肝臓が行っている解毒の働きなどを改善させ、二日酔いや疲労回復など様々な効果をもたらしてくれます。

 

そのほかプラセンタには、基礎代謝を改善させる働きや庁の機能を改善させる働きから便秘解消やダイエットなどにも効果を発揮するほか、免疫力をアップさせて丈夫な体にしたり、プラセンタの成長因子によって育毛効果も期待できます。

プラセンタの基礎知識 プラセンタの種類と特徴・効果記事一覧

アトピー性皮膚炎にアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなど、アレルギー体質で悩んでいる人は実に多いです。アレルギーは本来備わっている免疫力が過敏に反応し、本来体に害を与えない物質をも有害だと判断してしまい、過剰に攻撃して体に症状を起こしてしまう現象をいいます。このアレルギー疾患の治療にもプラセンタは効果的なのです。プラセンタには非常に多くの成長因子が含まれています。とくに羊プラセンタには豚プラセンタに...

人を含め、哺乳類の胎盤から摂取したものをプラセンタといいますが、人間以外の哺乳類は出産後自分の胎盤を食べるという習慣があります。この行動には胎盤を食べることで産後の体力を回復させる意味があるとされるほど豊富に栄養が含まれていますプラセンタは赤ちゃんが母親の中で成長するのに欠かせない必要な栄養素が豊富に含まれています。アミノ酸やたんぱく質、マグネシウム、カルシウム、ビタミン類(特にCやB群)などが豊...

プラセンタの更年期障害への効果美容効果で注目を浴びているプラセンタですが、実は更年期障害の治療分野でも効果を発揮します。実際、更年期障害の治療にプラセンタを使用している医療機関もあり、保険も適応されています。45歳ころから55歳ころの閉経前後の女性に多く見られる更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少することでホルモンのバランスを崩してしまい、ホルモンのバランスの乱れが視床下部を...