健康、美容と多くの効果を発揮することで知られるプラセンタですが、実は色々な種類があるのです。
美容のために用いられている馬プラセンタと豚プラセンタですが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

 

・安全性と成分における違い

 

馬は体温の高い動物です。
豚や牛と比べると5~6度高く寄生虫が住みつきにくいという特徴があります。
豚が生の肉を食用としないのに対して、馬は人間に対してのアレルゲン性が少ない生き物であるため、生食も可能です。
このことからも安全性が高いことがわかります。
病気にもかかりにくく、予防接種などを受けることも少なく、
さらに抗生物質やホルモン剤も受け付けないデリケートな動物であるため、人工的な加工がほとんど行われていません。
さらに、馬自身も安全なものを選んで食べる性質があることも安全性を高めています。
馬プラセンタは豚プラセンタと比べると安全性の点で優秀であると言えますね。
またプラセンタに含まれるアミノ酸の量に置いても違いがあります。
馬プラセンタのアミノ酸含有量が豚プラセンタに比べて多いことがわかっています。
その成分によって違いはあるものの、平均的にみるとおよそ1.5倍のアミノ酸を含んでいます。
また馬プラセンタの方が成分も濃く、豚プラセンタにはない6種類の必須アミノ酸を含んでいます。
このように見ると、馬プラセンタは豚プラセンタより成分の点でも優秀であることがわかります。
しかし豚プラセンタも人間の胎盤と同じほどの効果があり、安全性を徹底的に管理された環境で育てられる豚もいます。
馬プラセンタも豚プラセンタも良く生育環境を確認することが重要であると言えます。

 

・希少性と価格における違い 

 

豚プラセンタは、馬プラセンタより安価に手に入れることができます。
理由は、希少性の違いにあります。
豚は年に2回、馬は年に1回と、出産回数が子となります。
しかも、馬は出産直後に自分の胎盤を食べて栄養とする習性があるためすべての胎盤を利用することはできません。
胎盤の一部から、プラセンタエキスを抽出するわけです。
また、豚は一度に10頭ほど生むのに対し、馬は一度に1頭しか生むことしかできません。
ですから、馬プラセンタの方が希少性は高く、豚プラセンタよりも価格は高くなる傾向にあります。
豚プラセンタと馬プラセンタには様々な違いがありますが、よく違いを理解しましょう。
それだけでなく成分や製造方法を確認した上で、信頼できる製品を選ぶことが大切です。

関連ページ

馬プラセンタの安全性 危険性、副作用は大丈夫?
馬プラセンタの安全性 危険性、副作用は大丈夫?
馬プラセンタのサプリメントを選ぶ際のポイントとは?
馬プラセンタのサプリメントを選ぶ際のポイントとは?
馬プラセンタのサプリに含まれている成分について
馬プラセンタのサプリに含まれている成分について
馬プラセンタの効果的な飲み方 吸収率をより高めるために実践したいこと
馬プラセンタの効果的な飲み方 吸収率をより高めるために実践したいこと