羊プラセンタって危険?

羊プラセンタは欧米では馬プラセンタとともに人気の高いプラセンタ原料の1つです。
羊プラセンタはヒトプラセンタに構造が似ているため、浸透性や吸収性に優れていて、効果をより得やすいほか、副作用の少なく、安心して使えるプラセンタとして人気があります。

 

しかし、日本ではほとんど羊プラセンタは販売されていません。
日本で販売されているプラセンタはほとんどが豚プラセンタか馬プラセンタです。
そのようなことから羊プラセンタを飲んでみたいけれど何となく不安という方も多いと思います。

 

 

羊プラセンタの特徴としては
他の動物性のプラセンタに比べて人間の胎盤と非常に近いという特徴があります。
アミノ酸の構造が人間の胎盤ともっとも似ているのです。
そのため人間の細胞となじみやすく
・免疫反応を起こしにくい
・アレルギー反応を起こしにくい
と言われています。

 

そのように聞くと豚や馬よりも羊のほうがよさそうなのに、なぜあまり流通していないのかと不思議に思いますよね。

 

なぜ日本では流通していないのかというと、日本の場合羊由来の原料に制限があるからだそうです。
羊には伝染病があり、そのため万一のことを考慮して制限が設けられています。
ですから日本で売られている羊プラセンタは海外製のものということになります。

 

海外で人気の理由は
・豚プラセンタより成長因子が多い
・品質が高いのに比較的安価
ということが挙げられます。

 

日本での製造販売には制限がある羊プラセンタですが、
海外のもので安全性の考慮されたもので日本の業者が安全性を確認して輸入したものであれば
そこまで心配することなく飲むことができるのではないかと思います。

なぜ日本では豚プラセンタが多いの?

日本で売られているプラセンタの多くが豚プラセンタです。最近は馬プラセンタのほうが人気が高い傾向になりますが、
まだ豚プラセンタも多く販売されています。
豚プラセンタはサプリメントやドリンクなどに大量に使用されていますが、プラセンタのなかでは効果は若干低いです。
しかし、豚は1回の出産で10頭の子ブタを産むことからプラセンタを安定的に作り出すことができるため、大量生産に向いていることから多用されているのです。

 

効果の高いプラセンタの中でもヒトプラセンタは医療機関でしか使用できないものなので、手軽に手に入れることはできませんが馬プラセンタや羊プラセンタは効果も高く、それらを使用したサプリメントなどもあるため、手に入れることは可能です。
特に羊プラセンタはヒトプラセンタに構造が似ているため、浸透性や吸収性に優れていて、効果をより得やすいほか、副作用の少ないプラセンタの中でもより安心して使えるプラセンタとして知られています。

 

本来免疫力が高く、病気にかかりにくいこと、成長の途中でワクチンなどを使用する機会が少ないことから、羊プラセンタは非常に純度の高いプラセンタなのです。

羊プラセンタの安全性と副作用

日本では豚や馬から抽出されたプラセンタサプリが中心に流通されています。
豚や馬は厳重な管理下で育てられたものから抽出したプラセンタを使用し、サプリメントやドリンクにする過程でもメーカー側の厳重な管理が行われるため、非常に安全性の高いものが多いです。
羊プラセンタは日本ではあまり流通されていませんが、一部のプラセンタファンからは非常に人気があり、羊プラセンタを中心に販売している公式サイトも存在します。
この羊プラセンタも、大自然で健康管理などに十分気を付けて育てられた羊から採取したものを使用しているため、非常に高い安全性を特徴としています

 

 

しかし、いくら安全性の高い製品でも、プラセンタの中にアミノ酸やたんぱく質などが含まれていることから、アレルギー体質などを持っている人は食物アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。
アレルギー体質の人や体力が衰えている人、病気などで医師の治療を受けている人などは使用する前に医師に相談するようにしましょう。

 

プラセンタを摂取し始めたころには、プラセンタの効果が徐々に体内に浸透し、体の機能が正常化していく途中で、体に変化をきたすこともあります。
これは一時的なもので、体がプラセンタに慣れてくると自然に解消されていきますが、しばらく服用しても改善しない場合には医師に相談してみてください。

羊プラセンタって危険?安全性と副作用について記事一覧

プラセンタは哺乳類の赤ちゃんがおなかの中で成長するために必要な栄養素が豊富に含まれていて、その中に細胞分裂を促進させたり、細胞を増殖する働きをサポートする働きがあります。この成長因子は今医学の世界でも注目を浴びていて、神経を成長させたり、血管を新しく作り出したりといろいろな働きをすることが分かってきています。特にプラセンタの中でも羊プラセンタは成長因子が多く含まれていることがわかっています。この成...